洗い方と石鹸の選び方|わきがクリームでにおい対策|メカニズムを解明してシッカリ対策

わきがクリームでにおい対策|メカニズムを解明してシッカリ対策

洗い方と石鹸の選び方

脇

ゴシゴシ洗いはNG

ワキガが気になると、ついバスタイムに強く脇を擦ってしまう傾向があります。けれど脇の下の皮膚は普段太陽にさらされないため、とてもデリケートです。従って、激しい摩擦で簡単にダメージを受けてしまう恐れがあるので優しく手洗いしましょう。乱暴に洗ってしまうと逆効果になる恐れがあります。肌が乾燥すると、ワキガ臭の原因になる細菌類が繁殖しやすくなるため、クリームなどで保湿する対策も欠かせません。お風呂でゴシゴシ洗いをしてしまうと、皮膚の潤いを保つのに必要な皮脂まで洗い流してしまいかねません。皮脂を根こそぎ流されてしまった汗腺は慌ててしまい、いつも以上にたくさん皮脂を分泌しようと活性化し、余計ギトギトになることも分かっています。皮脂腺を不要に刺激してワキガ臭がきつくなるのを防ぐためにも、丁寧に洗うよう心がけましょう。

擦らず落とせる角質ケア

ワキガコンプレックスを解消するのは、難しくありません。ワキガ体質に対応した便利アイテムが色々登場しているので、普段のセルフケアで臭いを抑えることは十分に可能です。今とても人気があるのは、脇の下の角質を擦らずに落とすことができるピーリング石鹸です。肌が乾くと体臭もきつくなるので、ゴシゴシ洗いは禁物です。けれど特にオイリースキンの方だと、脇に角質が溜まりやすいので普通の保湿石鹸だと物足りなく感じることもあるはずです。その点、ピーリング石鹸は泡で洗うだけで、有効成分が角質層に浸透し優しく作用します。定期的に脇の下の角質を取り除くことでターンオーバーも促進されやすくなりますし、入浴後に塗るデオドラントクリームも浸透しやすくなります。